「太陽光発電システム」とは
屋根などに設置された太陽電池モジュールに太陽光が当たると発電します。この電気は直流の為、家庭で使用できる交流にパワーコンディショナを使って変換します。パワーコンディショナから家庭の分電盤に接続し、自動的に電気を買ったり売ったりできるというしくみです。

昼間に発電した電気は家庭で利用し、余った電気は電力会社が買い取ってくれます。また、夜間など発電できない時は必要分のみを電力会社から購入し、自動的に使い分けるので、光熱費を節約することができます。

ソーラー発電モニタを利用すると、発電や消費電力の様子など節約効果を目で確かめることが出来るので、暮らしの中で自然と省エネを意識することにつながります。

※1:④住宅用分電盤、⑤家庭用電気機器、⑥売電・買電電力量計はシステムに含まれません。
※2:昇圧ユニットは、システム構成により必要になる場合があります。
※3:万一地震などで停電した場合にも、太陽光さえあれば日射量に応じて発電した電力を非常用電源として使用できます(最大出力1,500W)自立運転出力用端子台を搭載しており、室内にも非常用として使用できるコンセントを設けることができます。

リアルタイムに発電状況・電力消費・売電をチェック。
太陽光発電を楽しみながら、節電意識も高まります。


※4:送信機の電波が届く範囲内です。また、ご使用の際には付属のACアダプタが必要です。壁掛けも可能 です。液晶モニタは一部ハメコミ合成です。