「公共・産業用太陽光発電システム」とは
集合住宅や工場等の屋根、遊休地などの広いスペースを有効活用して、太陽光発電を設置します。
当社では、10Kw以上のシステムを産業用として、住宅用と区別しています。
太陽光発電システムによって生み出された電気を電力会社に売ることによる利益はもちろんのこと、CRS(企業の社会的責任)活動の一環として、環境への配慮をアピールし、創エネルギー企業としてイメージの向上につながります。またグリーン投資減税などの活用による節税効果など、新たな事業として期待できます。豊富な施工実績と経験をもとに、最適なプランをご提案させていただきます。

固定価格買取制度(全量買取制度)について
電力を利用する私たち消費者も一緒に、設備投資に必要なコストを負担し、社会全体で再生可能エネルギーを普及・拡大させていくため、「電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法」により、平成24年7月1日から「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」がスタートしました。

再生可能エネルギーの固定価格買取制度は、太陽光(メガソーラーや住宅用太陽光発電)をはじめ、風力、水力、地熱、バイオマスによって発電した電力を、電気事業者に、一定の期間・価格で買い取ることを義務づけるとともに、再生可能エネルギーを買い取る費用を、電気を利用する消費者がそれぞれ使用量に応じて、「賦課金」という形で電気料金の一部として負担するというものです。